プロスノーボーダー&サーフ スケート スノーボードショップオーナーの日記


by maybem-takac
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

スノーボードはサイドウォールがすべてです(言い過ぎ)

最近スライムウォールってよく耳にすると思うけど、結果サイドウォールの素材の違いです!

一般のその辺にあるBURTONやYONEXなどはABS樹脂のサイドウォールを使います。

RIDEはスライムウォールといって、えーっとスケートボードのタイヤの素材でできてるウレタン素材を加工して

作ってます。

何が違うかって簡単です。ABS樹脂にしても、寒さに大変弱い素材です。

マイナス3度以下ですと、ABSが硬くなり、滑走中も振動を吸収しきれずに、大変ばたつきます。

そこからエッジとの間のぶれに耐えれずに剥離を起こしたり、樹脂自体が割れてしまいます・・

そこで考え出させたのがウレタンを使ったサイドウォール(名前をスライムウォール)を発明し、スノーボードの

あらゆる衝撃や滑走中の振動によるスピードロスを防ぎ、ランディングの衝撃も吸収し、BOXやレールに乗り

損ねて、サイドウォールをレールにHIT!なんて時も傷がつきません。実際あのSALOMONも真似してます

★正直カード1   オーリーの時の反発がABSに比べ弱い。ただその辺はカーボンアレーというカーボンのクロスの入り方で完璧に反発を利用できます。

パークライダーの最高の組み合わせはスライムウォール85にカーボンアレー3

ボーダークロスやフリーランマスターは、スライムウォール90Aにカーボンアレー3か5

など性能の組み合わせを理解してその板が100%得意分野を発揮できるボード選びなど面白いと思います


[PR]
by maybem-takac | 2009-11-12 20:29 | SNOW